092-588-7611

〒812-0894
福岡県福岡市博多区諸岡1-23-19

福岡市/婦人科/更年期障害/子宮がん検診/不妊治療/日帰り手術  森田レディスクリニック

女性検診

QRコード対応ケータイをお持ちの方はQRコードを読み取るだけで簡単にアクセスが出来ます。

子宮頸がん検診

子宮頸がんとは、ウイルスの感染により子宮の入り口(子宮頸部)に発生するがんです。
発症年齢は、30代後半から40代に多いといわれていますが、最近では20代での発症も増加傾向にあります。
ほとんどが性交によってウイルスに感染するため、性交経験のある人なら誰でも子宮頸がんを発症する可能性があります。

子宮頸がん検査は、軟らかい綿棒で子宮の出口表面をこすり細胞を採取します。
また、軟らかいブラシで子宮の出口より1~2cmの部分(子宮頚管部)をこすり細胞を採取します。
最後に消毒をして終了です。
通常は検査時にほとんど出血、痛みはありません。
もし検査後、生理の多い時の様な出血が続くようなことがあれば診察をしますので早めに受診してください。

当院ではがん検診無料クーポン券が使用できます

当院では福岡市が実施する子宮頸がん及び乳がん検診費用が無料となるクーポン券が利用できます。女性特有のがんは、早期発見されれば完治の可能性が高いとされています。この機会を利用して、是非がん検診を受けましょう。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

子宮頸がんワクチン

子宮頸がんは予防できるがんです。原因はヒトパピローマウイルスで、性交渉により感染します。ただ、感染しても大部分は消失しますが、ごく一部の人に持続感染として残ります。この中から子宮頸がんに発展していくということが解っています。
子宮頸がんワクチンの接種についてもご相談を承ります。

子宮体がん検診

子宮体がんは、閉経後の50~60歳代の女性に多く、卵胞ホルモン(エストロゲン)との関連が深いと考えられています。
未婚、未出産、高齢出産なども危険因子の一つとされています。
そのほか肥満や高血圧、糖尿病などの持病がある人は、発症率が高いとされています。

子宮体がんの主症状は不正性器出血で、初期のうちから見られます。
またがんが好発する年齢は閉経頃から閉経後です。
ちょうど月経が不順になる時期にあたるため、不正出血を見逃したり、まだ月経があると自己判断して発見が遅れることがあります。
閉経前後に不正出血が見られた場合には、体がん検診を受けましょう。
子宮体がん検診では、まず子宮腔内に器具を挿入し、細胞を取ります。
陰性・擬陽性・陽性に分類し、擬陽性・陽性の場合は精密検査を行います。
精密検査は子宮内膜の組織検査を行います。

卵巣がん検診

卵巣癌(卵巣がん)とは、卵巣にできる悪性の腫瘍のことです。
卵巣は親指大の小さな臓器で、子宮の両脇にあります。
卵巣の腫瘍のうち、良性を「卵巣のう腫」、悪性を「卵巣癌(がん)」、その中間にあるのが、境界悪性(中間群:再発や転移が少ない卵巣癌(卵巣がん))です。
更年期以降に多い癌(がん)ですが、比較的若年者にも発生しやすく増加傾向ですが20~30代の女性に見つかるのはほとんど良性の「卵巣のう腫」です。

平成25年度 よかドック30(サーティ)

対象者
  • 平成25年度中に30~39歳になる福岡市民
    (S49.4.1~S59.3.31生まれの方が対象です)
  • 職場等で健康診断を受ける機会のない方

受診料は500円です。

健診は予約が必要です。生年月日が確認できる保険証や免許証などをご持参ください。

ご不明な点はお電話でお尋ねください。

ブライダルチェック

結婚前のブライダルチェックを。
ブライダルチェックは、結婚前の準備の一つとして新しい常識になりつつあります。
ご自身の健康はもちろんですが、ご夫婦間の感染や母子感染、また胎児の障害を予防する意味からも、是非受けておきたい検査です。
生涯のパートナーへの思いやり、エチケットとして、カップルで受診される方も増えています。
特に女性は25歳を過ぎる頃から、婦人病にかかるリスクが高くなって行きます。
ご結婚予定の女性に、ブライダル・チェック(婦人科検診)をお勧めしています。