092-588-7611

〒812-0894
福岡県福岡市博多区諸岡1-23-19

福岡市/婦人科/更年期障害/子宮がん検診/不妊治療/日帰り手術  森田レディスクリニック

性感染症(STD)

QRコード対応ケータイをお持ちの方はQRコードを読み取るだけで簡単にアクセスが出来ます。

クラミジア感染症

感染後水溶性のおりものや軽い生理痛のような痛みがある物もありますが、無症状の物も多く、骨盤内腹膜炎や不妊症の原因にもなります。早めの検査、治療が大切です。

淋病

クラミジア感染症と似ていますが、女性の症状が軽いため、気づかずにいると淋菌性膣炎・子宮内膜炎・卵管炎を発症し、激しい下腹部痛や発熱を引き起こします。パートナーの自覚症状で発見されることもあります。
自覚症状がない潜伏期間が長く続き、知らぬ間に多くの人に感染させる恐れがあります。

ヘルペス感染症

感染後、外性器に水疱ができ、痛み・発熱の症状が出てきます。ひどくなると、排尿時に激しい痛みあり、太腿の付け根のリンパ腺が腫れたり、高熱が出ることもあります。

尖圭コンジローマ

感染後、米粒・小豆粒くらいのイボ状のものが肛門の周りや膣口、小陰唇の内側にできます。この初期症状では痛みがほとんどありませんが、症状が進行していくとイボ状のものが増殖し、かゆみ・不快感などが出てきます。

カンジダ膣炎

チーズのような、またはお粥状の白いおりものが大量に発生します。外陰部のかゆみ・排尿時の痛みを伴います。

トリコモナス膣炎

トリコモナス原虫が寄生して起こります。おりものの色や臭いが変化したり泡状のおりものが出ることがあります。まれにお風呂やトイレの便座からうつることもあります。